よくあるご質問と回答の例 その1 リフォーム編

弊社では何よりも「ご相談」に力を入れております。

 お客様の住まいに対する不安や不満・悩みを、十分にお聞きし理解したうえで、専門的な知識と長年の経験に基づいたご提案をさせていただいております。

 以下に良く質問される内容と回答例を列記いたします。

これからお住まいのご計画を立てる際の参考にしていただければ幸いです。 

 

 

【 QA 】

 

Q1:断熱効果のある外壁を、今の外壁に重ね張りすれば断熱効果がアップする?

 

Q2:ユニットバスなのに寒い

 

Q3:オール電化にすれば暖かくなる?

 

Q4:耐震診断の費用はどれくらい?

 

Q5:トタン屋根と外壁と両方痛んできてるけど予算が

 

 

>TOPページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

Q1:断熱効果の有る外壁材を、今の外壁に重ね張りすれば、断熱効果が格段にアップすると業者の方に言われましたが、どの程度向上するのでしょうか?

 

A:多分、心材が発泡素材になっている金属系のサイディングですが、胴縁を打ち付けて重ね張りをしているので、効果の程は疑問です。家を暖かくするためには、窓や出入り口からの放熱や天井裏の断熱状況、気流留めの有無など全体の構造を確認して、費用に対して効果の高い方法を選択するべきです。特に窓から逃げる熱は50%とも言われていますので、確認が大切です。もしサッシが寒さの主な原因の場合、外壁よりも先にそちらの改修をお奨めいたします。外壁に手を掛けてしまった後では、無駄な費用が発生することがあるからです。

 

現場調査、無料相談の結果⇒大きな窓に後付内サッシを取り付けることになりました。外壁は急いで張替えする必要はありませんでした。

 

【Q&A】Topへ

Q2:ユニットバスなのに寒いのですが。新しいユニットバスにしなければならないでしょうか?

 

:ユニットバスの材質にもよりますが、それよりもユニットバスの周囲を冷やされた空気が流れていて寒いのでは無いでしょうか?天井点検口から断熱を補充したり、気流留めを設けたりすることで、改善になることも有ります。また浴室用の暖房設備も色々と有りますので、ご提案できますので、一度現地を拝見させてください。

 

現場調査、無料相談の結果⇒ユニットバス周りの気流留めはお客様がご自身で行っていただきました。暖かくなったが、もっと快適にしたいとのことで、ランニングコストに優れた灯油焚きの浴室暖房換気乾燥機を設置させていただきました。

 

【Q&A】Topへ

Q3:オール電化にすると暖かくなると言われましたが、我が家もそうなりますか?

 

:新築のオール電化住宅が快適と言われているのは、高断熱高気密の住宅自体の性能を確保した上でオール電化にしているためです。既存の住宅の性能を確認しないまま、熱源だけを電気に切り替えても光熱費がアップするだけで、快適さは向上しないこともあります。まずは現在のお住まいの性能を確認することと、何を目的にオール電化を考えたかを整理することが必要かと存じます。

 

現地調査、無料相談の結果⇒断熱性の向上については今後の課題として、キッチンのお手入れを楽にしたいというご要望を優先して、IHクッキングヒーターの設置と言うスポット電化を施工させていただきました。

 

【Q&A】Topへ

Q4:耐震診断にはどれぐらいの費用がかかるの?

 

:計測機器を用いた動的耐震診断には5万円から8万円程度掛かります。目視で現地を調査して、構造のバランスや状況を判断してアドバイスする程度であれば、無料で行っています。

 

【Q&A】Topへ

Q5:トタン屋根と外壁と両方が痛んできているけど、とてもそれだけの費用は出せないが?

 

:状況を調査して、最適な方法をご提案します。外壁を直してしまうと、屋根の葺き替えの際に無駄な費用が掛かりますので、長期的視野で段階的に行うことも出来ます。

 

現地調査、無料相談の結果⇒外壁は塗装工事だけでも10年以上の延命が可能でしたので、屋根の葺き替えを中心に施工させていただきました。

 

【Q&A】Topへ

 

実際にはもっと詳細のやり取りがありましたが、掲載のため内容を簡略化して載せております。